炭水化物を夜だけ抜くと痩せることはできるの?5キロ痩せることにチャレンジしてみました

ダイエットをして痩せる!と思っていても食事を減らしたりハードな運動を続けるのはなかなか難しいですが、あまり無理をせずマイペースで出来るダイエットとして私が選んだのは「夜だけ炭水化物抜きダイエット」です。ここ数年ブームになっている糖質制限と似ていますが、私は1日中の食事の中で糖質を制限したり管理するのは無理だと思って、太りやすいと言われる晩御飯に炭水化物を減らしたり、または抜いたりして痩せるという方法を実践してみました。

炭水化物を控える事によって血糖値の上昇を抑え痩せやすくする

炭水化物の摂取を減らすことによって食事による血糖値の上昇を抑える事ができるので無理なく太りにくい体質に変えてくれるというのがこのダイエットのいいところです。太りやすい人の食事はまず、早食いであったり、よく噛まずに食べるなど食事の際のくせや習慣も大きく関わっていると言われています。早食いの食事では短時間で血糖値が上昇し、そうするとその刺激によってインスリンというホルモンも上昇します。この状態では痩せるために大切な脂肪の燃焼が抑えられて、逆に蓄積されるというダイエットには真逆な状態になってしまうのです。ですから体の中をダイエットに適した状態にするには、血糖値が上がるのを抑えると効果的というわけです。ですから、この炭水化物を減らすダイエットは健康的に痩せやすい体を作ってくれるというわけです。

夜だけの炭水化物抜きダイエット成功のカギは無理せずマイペースで

この方法でダイエットに成功した要因は一番に無理をしなかった事だと思います。食べたいものを我慢してストレスになってしまうと、その反動で無性に甘い物が食べたくなったり、急に大食いになったりして結果ダイエットが失敗に終わってしまいます。私も様々なダイエット法を試してきた経験から我慢ではやせない!という事がわかったのです。なので、ダイエット成功のカギは我慢せず無理せず、自分に合ったペースで進めるとう事だとわかりました。繰り返しになりますが、我慢やストレスがダイエット失敗の大きな原因だという事を理解しましょう。短期間で食べることを我慢して制限して、仮に数キロ痩せたとしても食事が少し戻っただけだったり、甘いものを食べてしまったりというだけでも、すぐにリバウンドし結果痩せにくい体になってしまうんです。この事は私が今までのダイエット経験から学んだことでもあります。

ダイエット中だと思わずに普段通りに

ダイエット中である事を公言したほうが気合いが入って続けられるという人もおられますが、私の場合はダイエット中であることを意識しない事で気楽に無理なく続けられました。1日のうちで夜だけ炭水化物を減らしらしたり、抜いたりする方法なので痩せるスピードはゆっくりですしモチベーションもはっきり言って上がりません。しかし、それくらい気楽にしているほうが続くような気がします。朝と昼は極端には大食いは控えていますが、基本は好きなものを食べていましたから、ダイエット中だから我慢!というような飢餓状態には陥らないですみます。夜もご飯や主食になる炭水化物を減らしたり抜いたりだけで、おかずなどは好きに食べていましたから、自分がダイエット中だという意識は低かったように思います。
私はこの方法で2か月半余りで5キロダウンに成功しました。