レコーディングダイエットって本当に痩せるの?実際に効果を試してみました

レコーディングダイエットは、その日に口に入れたものをどんな小さなことでもメモなど記録していくダイエット方法です。初める時は、特にダイエットを意識せずにとにかく何でも記録していきます。そのうちに、自分の食生活を客観的に見直すことができるようになり、無意識の食べすぎやカロリーの取りすぎに気が付いて痩せる食生活を意識できるようになります。慣れてくると、食べたものの横にカロリーも一緒に記録するとさらにダイエット効果が高まります。書くことによって、食べることに罪悪感が生まれる為、どんどん痩せる食生活に改善されることを目的路しています。

ダイエットを強く意識せずにストレスなく痩せられる

レコーディングダイエットは、ただ食べたものを記録していくだけなので、無理に食べる量を減らしたり初めはカロリー計算をしたりする必要がありません。好きなだけ食べることができるので、ダイエットという意識を持たずに気軽に始めることができます。
ダイエットをするということは、色々なことを我慢したり、運動をしなければいけなかったりと、多かれ少なかれストレスがかかるものです。ストレスが大きすぎると、せっかくダイエットをして痩せても体調が悪くなったり、イライラしてしまったりするなど悪影響はでることがあります。その点、レコーディングダイエットは日記代わりに食べたものを書くだけなので、ストレスなくできるところが一番のメリットです。

ダイエットにならない日も欠かさず記録をつけることが大切

レコーディングダイエットでは、つい食べ過ぎてしまった日や、飲み会などがあった時は、記録するのを辞めたくなる時もあります。書いてもどうせダイエットにならないからという日は、記録に残したくない日もあるでしょう。ですが、そんな日こそ、くじけずに記録に残していくことがレコーディングダイエットを成功させるためのポイントです。食べ過ぎてしまった日のメニューを記録することは、とても嫌な気持ちになります。ですが、その日の記録を見返すことで、「あの時、もっとこうすればよかった。」という反省にもつながりますし、実際は時には楽しく食べても体重にそれ程変化がないということを再発見することもできます。ダイエット的な食事ができた時だけ記録をしても意味がありません。総合的な自分の食を見直すために、書きたくないと思った日の食生活こそしっかり記録することが成功の秘訣です。

なるべく楽しく長く続ける工夫をしよう

レコーディングダイエットは、きちんと毎日記録をつけていけば、効果が出やすいダイエットだと感じています。ただし、毎日きちんとつけるというのが難しい人も中にはいるでしょう。長く継続して続けるための工夫として、記録をつける時間を一日の中で決めてしまい、習慣化することがあげられます。例えば、寝る前に必ずノートを開くと決めたら必ずそれを行い寝る前の習慣にしてしまいます。時間を決めることで忘れにくくなりますよ。
また、記録をつける時はスタンプやシールを利用してノートを可愛くすることも楽しく続けるコツです。
一人ではなかなか続けられないという人は家族や友人を誘って交換日記形式にしても楽しいですよ。お互いの食べ過ぎを指摘したり、相手の食生活を参考にしたりすることもできます。