糖質を控えると太りにくくなるって本当なの?やり方はどうなの?

私の成功したダイエットで大事なことは、とにかく糖質を摂らないことを意識することで、一番脂肪につながりやすい物を摂取しなくなります。自然と摂取するものがタンパク質と脂質になるので筋肉がつきやすく痩せる体になります。しかし糖質を全く摂らないのもいけません。痩せるためにはその脂肪を消費するための栄養も必要となるので週に1回程度好きなアイス、洋菓子でもなんでもいいのでご褒美として摂取します。程よくご褒美として糖質を摂取することで、質のいいノンストレスなダイエットが可能になります。

目に見える変化でやる気3倍増し

糖質を抑えるだけで早い方だと3日で効果が現れるのではないでしょうか。私の場合1週間ほどで首の後ろの肉がなくなった感覚がしました。もともと甘いものが大好きだったので、続けられるかどうか不安だったのですが、1週間で感じ取れる効果があったので続けたい!もっと綺麗になりたいと思えるようになりました。さらに糖質を抑えると顔の肉がなくなりフェイスラインがはっきりしてきた感覚もありました。目に見える効果があるからこそ続けられる、そんな方がほとんどだと思います。
一般的に痩せる順番としては手首、足首など心臓から離れた部分からだと言われています。なので顔などの部分はダイエットの終盤で効果が見られることが多いです。しかし糖質ダイエットは顔にすぐ出るのでやりがいを強く感じることができます。

好きな人のおかげでダイエットも苦ではなかった

ダイエットを始めようと思ったきっかけはある男性に一目惚れしたためです。彼はモデル業をメインにインスタグラムなどで活動していました。友達に彼のインスタのアカウントを見せられ、たちまち彼の虜になってしまいました。私は東京に住んでいて、彼は京都に住んでいるとのことでした。彼はアルバイトでアパレルの店員さんをしているとのことで、必ず今より痩せて綺麗な私の状態で彼に会いに行くと強く心に誓いました。その翌日から私は糖質制限ダイエットを始め、約半年で10kgの減量に成功しました。もともと太ってもいなかったので痩せられるか不安でしたが、効果がすぐに現れたので彼に会う日を夢見て頑張り続けることができました。夢のような目標を立てれば、夢のような減量もできるんだと気付きました。

目標を心に強く彫み、決して忘れないこと

私が行った糖質制限ダイエットは、決して簡単なものではなかったです。甘いものが食べたくなったり、ほかの友達が美味しそうに唐揚げを食べていても私はわずか1口で我慢しないといけませんでした。時には辛くなって気分が落ち込んでしまい、そたびに冷蔵庫の前で天使と悪魔が戦っていました。悪魔が勝ちそうになった時は、彼のことを思い出し綺麗な自分で会いに行きたいと、その時の想像をして無理矢理眠りについていました。
糖質を制限するのは、ダイエットして綺麗になりたい以外に、もう一つ明確な目標を持つのがいいと思います。
今の自分の状態と、10kg痩せた自分、どちらがいいと言ったらほとんどの女性は後者になると思います。
人間である限り、痩せられないことはありませんので、目標を持ち続けてください。