断食ダイエットは軽度のストレスを我慢する事が大切!

人はストレスの下に置かれると極端に食べる、または極端に食べないと言われています。長期期間ストレス状態にある時、果たして本当に痩せることができるのかと思い、ダイエットも兼ねて断食をすることでダイエットを試みました。

具体的には、週間ほどは水だけを飲み、結果8kg痩せることに成功しました。痩せたことでより似合う服の幅が広がり、リバウンド防止効果もある、そんなダイエットが、ストレス下での断食ダイエットです。

断食ダイエットによる自信という効果

ストレス下の下での成功体験による自信は他の体験で得る自信よりもより大きなものであるように感じます。なにしろ食べたいという人間の生まれつきの欲求を我慢して成功されるダイエットですから、一度得た体重を二度と手放したくなくなります。そこにダイエットの成功体験もあるため、他のダイエット法よりも極めてリバウンドがしづらく、食事のありがたさが身にしみることでしょう。特に太りやすいと言われる食材に関してはより一層敏感になり、健康にも体重にもやさしい、一石二鳥な効果が期待できます。なにも食べることのできない、修行僧のような1週間を乗り越えた先に手に入るものは、あなたにとってかけがえのないものとなるに違いありません。

ダイエットのために我慢するということが大切

ストレス下で成功体験は感じづらく、自信が喪失している中で、ダイエットによる自信は驚くほど身についたものになります。当初は-2kgほどを目標にしていましたが、あっという間にまだ痩せたい、もっと痩せられるという自信につながったことが-8kg成功した要因であったと思います。また友人や周囲の人が突然痩せたことに対する反応が気になりはじめ、断食ダイエットが終わった後もリバウンドしないように心がけていたことも一つの成功要因でした。つまり、ダイエットで得た思わぬ自分に対する自信こそが断食ダイエットでの成功を収める要因だったのではないでしょうか。やはり目に見える形でついた自信ほどに大きなものはないように感じます。

痩せた後の将来や見返したいといった目標をたてること

将来が不安である、あの人を見返したいといったとき、人は強いストレスを感じます。この強いストレスを四六時中考えるようになった時に人は食べ過ぎる、または極度に食べなくなるのです。ここで食べたいという欲求を抑えてただひたすらに我慢することがダイエット成功への鍵であり、近道だと思います。人間我慢することはつらいですが、ゴールを思い出すと自然にメラメラと闘志が沸き立つはずです。途中で痩せる自分に段々と自信もつくことでしょう。自信が付き始めたらもうこちらのものです。絶対にリバウンドしたくない、もっと痩せたいと思うに違いないのですから。とにかく最初の数日を頑張って目をつぶって我慢することが成功のポイントと言えるでしょう。